トップ  »  ブログ  » 【中学受験】椙山女学園中学校学校説明会(2011年5月21日)

キャンペーンの詳細に関しましては、バナーをクリックしてください

2011年5月27日

【中学受験】椙山女学園中学校学校説明会(2011年5月21日)

本日、椙山女学園の学校説明会に参加してきました。

日差しも眩しく、この時期にしては暑い日でしたが、多く方が参加されていました。

説明会は、
・校長のあいさつ
・前回の入試問題を見ながら各教科の解説
という流れで行われました。


まずは河野校長からの椙山女学園がどんな学校なのか説明がありました。

椙山女学園は、
「人間になろう」という教育理念のもと、生徒が自ら努力してよりよい人間(=女性)になることを目標としているとのことです。

学校の特徴は、

1.幼稚園〜大学院まで一貫した教育をおこなっている
2.女子校としての良さ
3.偏差値を求めた教育を第一としていない

の3点をあげられており、その中でも今後の社会で必要となる能力である

・IT・英語を使える能力
・コミュニケーション能力(人間関係をつくっていく能力)
・意欲

が身につくような教育を目指しているということです。


校長先生の挨拶の後、各教科担当から去年の入試問題をもとに入試内容についての説明がありました。

【国語】
・出題構成は説明文・文学作品の2題から出題
 ※1文が3000字程度
・国語の勉強方法
 1.いろんなジャンルのたくさんの文章にふれること
 2.新聞・テレビを見て社会の出来事に関心をもつこと
 3.知らない言葉を見つけたら、すぐに調べる
 4.知らない言葉がでてきても、あきらめないで文章の中から想像する
 5.自分の考えをもつ


【算数】
・出題構成は計算問題・短めの文章問題・長めの文章問題
・計算問題は全問正解を目指してほしい。そのため確かめをやること
・算数では論理的思考ができるかを問うている
・難しい問題ではなく、きちんとできる問題をしっかりとっていくことが大事


【社会】
・自分が勉強して得た知識を、どう活用するか
・地図の見方であったり時事問題であったり身近なことに関心をもつこと
・きちんと漢字を使うこと
・グラフなどの資料から必要な情報を読み取り、字数内で答えをまとめる練習を


【理科】
・基礎的内容・知識をもとに考える力を問う
・問題は、基本問題と考える問題にわけられる
・理科の勉強で心がけてほしいこと
 1.自然に興味をもつ
 2.生活の身近なことに興味をもつ
 3.まわりの人に興味をもつ
・疑問に思うことがあれば、じっくり考えることが大切


【平成23年度入試結果】
募集定員 160名
志願者数 826名
欠席者数 268名
受験者数 558名
合格者数 292名

国語算数 理科社会合計
配点100点 100点50点50点300点
平均63.1点66.7点 27.8点 34.9点 192.5点
最高89点100点41点46点267点
最低非公開166点

↓↓↓↓他の私立中学校の説明会レポートも是非見てください↓↓↓↓
http://www.zeroichi.com/sj/index.html

もっと詳しい内容が知りたい

  • 高い教師力の秘訣
  • お子さんが本気になる指導法
  • なぜガッツを選んだのか?
  • 他のお子さんは、どんなコースを申し込んでいるの?
 

簡易お問い合せフォーム

お問合せ内容
詳しい話を聞きたい 資料請求
お子様のお名前
ふりがな
お子様の性別
男子   女子
保護者のお名前
電話番号
 
(例:052-123-456)
郵便番号
-
都道府県
住所
お子様の学年
年生
ご意見・ご質問

 



お客様からの喜びの声
お言葉ありがとうございます

愛知県豊明市の小学5年生のお母様より「学習障害等のプロがいるので、ニーズにあった方にはとても重宝されるかと思います。」
喜びの声


愛知県一宮市の小学5年生のお母様より「私も先生にいろんな事を教えていただき勉強になるし、子供の相談にも乗ってもらっています。」
喜びの声


愛知県安城市の中学3年生のお母様より「教え方がうまく、成績が上がりました」
喜びの声


岐阜県関市の中学1年生のお母様より「勉強への考え方、取り組み方など話していただける」
喜びの声


名古屋市の小学2年生のお母様より「1時間じっと座って勉強することができるようになりました。」
喜びの声


体験学習のお申込み

お見積もり(営業のお電話はいたしません)

フリーダイヤルでのお問い合わせも受け付けております。0120-758-145

2015年04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30